RDS WF01TR RDS WF01TR

RDS WF01TR

陸上トラック競技で求められるごく短時間での加速力。

車体各部の無駄な変形による駆動ロスを抑える高剛性フルカーボンモノコックフレームを採用しました。フェンダー、アクスルシャフトにかかる応力をシート座面へも分散し、軽さと強さを両立します。

カーボン長繊維で強化された樹脂製トラックバーは全力走行中の打撃にも似た操作力を適度に減衰するほか、ひと漕ぎごとに発生する選手の強力な加速力を受けても進路の乱れを低減するフロントフォーク構造を採用。競技中にコースアウトの心配をする必要はありません。

RDSが独自に開発したシートポジションシミュレータ「SS01」を用い、前後座高、シート幅、前出し、キャンバ角、重心移動など様々なデータを可視化。

アスリートの求める理想像と現状を定量的に比較し、最終的な競技成績の向上を目的としたシートポジション設定を行います。選手身体の3Dスキャンを行って、レーサー側の身体接触形状を検討します。

身体のホールド性を高めることでコーナリング中に遠心力を受けても漕ぎの乱れを抑えることに貢献。腹筋・背筋に障害のある選手でも上半身の乱れを抑え、最高の加速を途切れさせません。

【WOWOW】との取り組み

IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWの共同プロジェクト。東京パラリンピック大会が開催されるまで、世界最高峰のパラアスリートたちに迫るスポーツドキュメンタリーシリーズ。

北京、ロンドンパラリンピックでメダリストとなった伊藤智也選手とRDSは共同開発を行っています。伊藤選手の経験とRDSの技術力を掛け合わせ、世界を驚かせるプロダクトの開発を行なっていきます。

【WOWOWサイト】https://www.wowow.co.jp/sports/whoiam/

RDS PROJECT

RDSへお問い合わせ